読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

puti-pudding の冷凍庫

過去も未来も現在も。少しだけ人と変わってるかも。

ソープで働き始めたきっかけ part4

キャバではたき始めたばかりで、

お客さんにアフターに誘われて嫌な思いをしたり、うまくそういうひとをかわしてお金をつかってもらうどころか、逆に付き合わされて店にも来ない、というように利用されていた私は、悩んでいました。

 

A 聖闘士星矢くん(風間トオルをロン毛にしたような感じ。まあまあうれてる)

から営業電話があったので「アフターってどうやって断ってるの?」ときいてみた。

 

「犬の散歩行かなきゃいけないから。」

とかでいいんじゃない?  え!そんな簡単な感じ???  

 

なんとなく、この人、嘘がすぐ思いついてしまう人のようでした。

 

B真銀(的場浩司トミーズ雅を足して二で割った感じ。明るいけど顔的に売れてないので朝早く来てトイレ掃除してる)

 

「アフターってなんて断るの?」

「おまえ、なに?もしかして、アフター誘われて断れて、やっちゃりとかされて、言いなりになってお客さん来ないとかな訳?そんなのやらなくていいよ。バカじゃないのか?そーゆうのやめろよ。行かなきゃいいだろそんなやつの。」

 

という不器用な返事が返って来ました。

だから売れないんだろうと思った。嫌だったら嫌とはっきり言ってしまう。

そして、人間味も感じられました。

自分もそういう目に何度もあったのかもしれません。

 

そのあと、Aからの電話にでることはなかったです。

B と一度あって、家に行きました。

いつも下ネタ満載のうるさいやつなのに、

テレビ見る時に黒縁メガネかけてるし、部屋も綺麗で、あまり喋らない人でした。

 

そしてテレビを見てる時にふと「俺不器用なんだよね」つてボソッと言ったから

 

 

…  ささった∑(゚Д゚)

 

ホストが不器用?

ホストっていろんな女騙してるんじゃないの?

 

えーーーーー!

 

そこからこの人に4年半もひかれていくことになったのです。

売り上げはないけど、無遅刻無欠勤、上には絶対、酒は頑張って人一倍飲むし、テーブル、おしぼり綺麗にするのも早い、他のお客さんの席でのヘルプでも、よく飲むしよく盛り上げていました。

 

とにかく、そんな売り上げ以外のところはなんでも頑張ってるそんな、不器用な人にまずハマりました。